レーシック手術を埼玉で受けるなら!

埼玉でレーシック手術を受ける場合に、実績十分な埼玉の眼科病院・クリニックを紹介しています。

レーシック手術クリニック比較ランキング

レーシック手術ができるおすすめクリニックを地域別に比較し、紹介します
東京・大阪・名古屋・福岡を中心に各都道府県別にレーシック手術おすすめ眼科クリニックの情報を掲載

埼玉でレーシック手術を受ける場合に、実績十分な埼玉の眼科・クリニックを紹介しています。

レーシックを手術を受けようとすると、レーシックの手術をしている眼科を探す必要がありますが、埼玉のみならず、地方では、なかなかレーシック手術をしている眼科医がいません。

当サイトでは、埼玉の眼科並びに埼玉近郊のレーシック眼科・クリニックの中でも、実績などが十分で、安心して手術を受けられる病院を集めております。

レーシック 埼玉 おすすめ眼科一覧

埼玉県は、残念ながら、有名なレーシック眼科がございません。

埼玉県では自分の納得できるレーシック眼科が見つからなかった場合は、東京に行ってレーシック眼科を探すことになると思われます。この場合は、総合ランキングや、東京のランキングをみて探して納得できる説明をしてもらえる眼科を探されることをお勧めします。手術であれば、交通費・旅費等を眼科クリニックが支援しているところもあります。一般的にレーシックの手術は30~40万円くらいはしますが、有名な品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックであれば、10万円台で手術を付けることができます。これは患者数が多いからこそできる価格ですので、患者数が少ないにも関わらず、金額が安い眼科は慎重に検討された方がいいでしょう

フラップ作成はレーザーで行う

初めに普及したレーシックと呼ばれる手術は、マイクロケラトームと言う医療機器を使用するものです。これは超小型のメスを使って角膜の表面を薄く削り取り、そのフラップをめくった中にエキシマレーザーを照射する術式です。しかしメスが左右に動いて切断するため、一定の厚さに切開する精密さにかけていました。一定の厚さに削れないと術後の視界のクリアさに影響します。マイクロケラトームで削れる薄さは限られていたので、角膜層が薄い患者さんはレーシック手術を受けることができませんでした。

次にフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)でフラップを作成するイントラレーシックが開発されます。高性能コンピューターで制御されレーザー光で角膜を切除するので、安全性・正確性が向上しました。FSレーザーはマイクロケラトームよりも薄く削り取ることができます。いままでレーシック手術を受けられなかった人にも適応できるようになりました。

切り口もより小さくて正確になったので痛みもなく術後の回復も早まりました。レーザーでフラップを作成するレーシック手術は日本でも普及して行きました。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。