SBC新宿近視クリニック

SBC新宿近視クリニックは、東京都の新宿にある、レーシック手術を取り扱っている医療機関です。リレックスという次世代レーシックが人気です。

レーシック手術クリニック比較ランキング

レーシック手術ができるおすすめクリニックを地域別に比較し、紹介します
東京・大阪・名古屋・福岡を中心に各都道府県別にレーシック手術おすすめ眼科クリニックの情報を掲載

SBC新宿近視クリニック

SBC新宿近視クリニックは、東京都の新宿にある、レーシック手術を取り扱っている医療機関です。新宿以外にも、横浜と大阪にクリニックを構えています。このSBC新宿近視クリニックの魅力は多くありますが、まず最高水準のレーシック手術を、かなりリーズナブルな価格で受けることができるのが大きな特徴だと思います。レーシック治療というのは自由診療であるため、それぞれの医療機関によって手術費用は異なっています。ですから、同じ種類のレーシック手術であっても、かかる費用に大きな差が生じている場合もあります。費用が安ければ良い、高ければダメ…というわけではありませんが、質の高い手術で、なおかつ安心で信頼できる医療機関で治療することができるのであれば、できるだけ安い方が嬉しいですよね。SBC新宿近視クリニックでは、無駄なコストを極力削減することで、レーシック手術の価格を低料金に抑えることに成功しているのです。また、SBC新宿近視クリニックの各医院や、ホームページで提示されている料金は、レーシックの手術費用だけでなく、術後の検査費用や薬代も含んだ料金となっております。追加料金はありません。料金形態が判りやすいというのは、利用者にとっては安心できる要素ですよね。

そしてSBC新宿近視クリニックでは、全ての医師が眼科専門の資格を持っているのも大きな魅力となっています。30,000症例以上のレーシック手術の実績のある医師が中心となって、レーシック手術を担当していますので、安心感はありますよね。多くの実績は、やはりその医師、そして医師がいる医療機関への高い信頼度へと繋がりますから。信頼できるレーシック手術の証拠として、レーシック手術はあまり医師の間では敬遠されているそうなのですが、多くの医師が、SBC新宿近視クリニックにてレーシックの手術を受けて、視力を回復しているのだそうです。SBC新宿近視クリニックのホームページでは、そんな他の医療機関の医師たちが受けたSBC新宿近視クリニックのレーシック手術体験談が紹介されていますので、一度ご覧になってみて下さい。医者が信頼する医者、または医療期間というのは、説得力がありますよね。身を持ってその安全性や信頼度を示してくれているわけですから。

また、レーシック手術で心配なのが感染症ですが、SBC新宿近視クリニックでは、開院してから一度も感染症も出していません。もちろん、空気清浄度を管理したクリーンルームでレーシック手術を行ったり、手術前に抗生剤の点眼薬を使用していたり、また角膜フラップを作成する際、感染症になりやすいと言われているマイクロケラトームは使わず、イントラレースで角膜フラップを作成しているなど、感染症対策が徹底されているからこその、この結果です。

更に、手術前の検査日と手術日を同じ日に行うことができるのも、SBC新宿近視クリニックの魅力です。この検査当日に手術を行うというのは、レーシック業界初なのだそうですよ。通常、他の医療機関やクリニックでは、レーシック手術を行うための検査日と手術日は、分けられているのが普通なんですね。検査といっても数分で終了するような簡単なものではなく、レーシック手術が可能かどうかを調べるための検査なのでかなり時間も要しますし、適性検査を行った後、手術の日を決定する…というのが一般的です。しかしSBC新宿近視クリニックでは、オペレーションを改善することによって、検査当日の手術が可能となりました。患者のなかには、忙しくて1日しか空けることができない…という方もいらっしゃると思います。そんな方には、正に嬉しいプランですよね。それに、SBC新宿近視クリニックは年中無休で検査や手術などを行っていますから、休みが暦どおりではない不定期の方でもレーシック手術を受けることができますよ。ちなみに、レーシックの適応検査は無料で受けることができます。

SBC新宿近視クリニックでのレーシック手術の種類

SBC新宿近視クリニックでは、複数のレーシック手術の種類を取り扱っています。SBKレーシック・iFSオーバルイントラレーシック・プレミアムイントラレーシック plus・Ocu-Linkプラチナイントラレーシック・プレミアムiLASIK(R)・老眼対応レーシック・CK(老眼治療)が、現在SBC新宿近視クリニックにて手術可能となっています。SBKレーシックは、Femto-LDVレーザーを超えるフランス製最新式のレーシックです。SBKウルトラマイクロケラトームを使って、かなり薄いフラップを作成することができる他、フラップ作成にかかる時間が短くて済むので、眼球への負担もかなり軽く済みます。また、レーザー照射を使わずにフラップを作成するので、手術後の炎症も抑えることが可能となります。感染症を予防するため、患者一人ひとりに新しい手術キットを開封するよう配慮されているのも安全性が高いですよね。照射スピードもとても速いのですが、正確に照射することができるのも魅力となっています。3年間の保証が付いており、SBC新宿近視クリニックでは8万円~12万8千円(両眼)で提供しています。

iFSオーバルイントラレーシックは、乱視が気になっている方にオススメのレーシック手術です。厚生労働省が認可している最新型のイントラレーザーiFSを使用することで、楕円形のフラップを作成することが可能です。それにより、円形のフラップではカバーしきれない照射エリアを確保することができるので、乱視の矯正精度がこれまで以上にアップしたんですね。また、角膜の不正乱視も軽減することができるので、手術後の見え方の質も向上します。フラップ面を薄く、滑らかに、そして立体的に作成することができる他、わずかな誤差さえも見逃すことがない微小誤差アジャストシステムが採用されているのも大きな特徴です。経験豊富な医師が手術を執刀しますが、患者が医師を指名することも可能となっています。5年間の再手術無料保障制度の対象となっており、SBC新宿近視クリニックでは23万8千円(両眼)で提供しています。

プレミアムイントラレーシック plusは、最新型のイントラレーザーと、世界最多の実績を誇っているエキシマレーザーを使ったレーシック手術です。厚生労働省が認可している、イントラレースiFSでフラップの作成を行い、アレグレットWave Eye-QBluelineで乱視・近視の矯正を行います(大阪院では、イントラレーザーiFSではなく、FS60を使用しています)フラップの作成を行う際は、微小誤差アジャストシステムが採用されていますので、わずかな誤差も見逃しません。また、フラップ面を薄く滑らかに、そして立体的に作成することができます。また、高性能のエキシマレーザーを使用することで、レーザーの照射スピードが速いのも大きな特徴です。経験豊富な医師による執刀となりますが、患者から医師を指名することも可能となっています。5年間の再手術無料保障制度の対象となっており、SBC新宿近視クリニックでは18万8千円(両眼)で提供しています。

Ocu-Linkプラチナイントラレーシックは、最新型のイントラレーザーと高性能のエキシマレーザー、そして角膜不正乱視測定装置であるオキュライザーをリンクさせることで可能となった、オーダーメイドの見え方を実現することができるレーシック手術です。不正乱視を軽減することで、ワンランク上のクオリティを実現することができます。イントラレースiFSでフラップの作成を行うことで(大阪院ではFS60を使用)、より安定性の高いフラップを作成することができますし、微小誤差アジャストシステムが採用されていますので、フラップ作成時のわずかな誤差も見逃しません。フラップ面は薄く滑らかに、そして立体的な形に作成することができますよ。厚生労働省が認証している高性能エキシマレーザーを使っているので、照射スピードが速いのも特徴となっています。経験豊富な医師による執刀となりますが、患者から医師を指名することも可能です。5年間の再手術無料保障制度の対象となっており、SBC新宿近視クリニックでは21万8千円(両眼)で提供しています。

プレミアムiLASIK(R)は、アイレーシック(R)とも表記されますが、最新のテクノロジーを駆使することで可能となったオーダーメイドの視力矯正手術です。フラップの作成はもちろんのこと、角膜の屈折矯正まで、患者一人一人の眼の状態に応じてカスタマイズされたレーザー照射が可能です。それにより、視力が回復するほか、見え方の質も向上させることができます。厚生労働省が認可している、イントラレースiFSでフラップの作成を行うことで(大阪院ではFS60を使用)、より安定性の高いフラップを作成することができますし、微小誤差アジャストシステムを採用することで、フラップ作成時のわずかな誤差も見逃しません。フラップ面は薄く滑らかに、そして立体的な形に作成することができますよ。完全オーダーメイド手術であるため、眼球全体のわずかなゆがみも矯正することができます。経験豊富な医師による執刀となりますが、患者から医師を指名することも可能です。5年間の再手術無料保障制度の対象となっており、SBC新宿近視クリニックでは28万円(両眼)で提供しています。

老眼対応レーシックは、老眼が気になりだす45歳以上の方や、長時間の作業を行う方にピッタリのレーシック手術です。この老眼対応レーシックというのは、優位眼(効き目)を完全矯正し、非優位眼を低矯正することで、老眼年齢の患者でも遠近共にメガネを使用せずに見えるようになる手術方法なのです。収差解析装置を使用することで、患者一人一人の収差を測定することができ、各個人ごとの最適な見え方を実現することができるオーダーメイドの屈折矯正が可能です。VDT作業によって、通常のレーシックよりも楽に治療を行うことができますよ。3年間の保障制度が付いており、SBC新宿近視クリニックでは19万8千円(両眼)で提供しています。

CK(老眼治療)は、これまで、老眼は加齢減少であるため治すことができない…と諦めていた方にぴったりの治療方法です。ちょっとレーシック手術とは異なりますが、メスを使用せず、片眼だけにラジオ波と呼ばれている特殊なレーザー波長を照射することにより、角膜組織の一部を収縮させて角膜の曲率を変化し、手元にピントを合わせるようにすることができます。この治療方法というのは、アメリカのRefractec社で開発された治療なのですが、米国FDA(米国食品医薬品局)から認可を受けている、唯一の老眼矯正技術です。点眼麻酔を行うだけの数分の治療ですので、短時間で施術を受けることができますよ。1年間の保障制度が付いており、SBC新宿近視クリニックでは17万8千円(片眼)で提供しています。

これらのレーシック手術は、種類によって施術日などが異なっていますので、電話で各医院確認するか、ホームページをご覧になって確認して下さい。また、上記の手術以外にも、SBC新宿近視クリニックでは様々なレーシック治療を行っていますので、そちらもご覧になってみて下さい。

SBC新宿近視クリニックでの治療の流れ

SBC新宿近視クリニックでは、レーシックの手術前の検査を行います。検査にも予約が必要なので、電話かインターネットにて予約を行って下さい。この検査は、レーシック手術が可能かどうかの適応検査ですので、適応検査前のコンタクトレンズの使用は制限されます。ハードコンタクトレンズは検査前2週間、ソフトコンタクトレンズは検査前3日間、乱視用ソフトコンタクトレンズは検査前1週間、それぞれ使用を控えて下さい。これは、1日1時間の装用もしてはいけません。

レーシック治療は、受けたい方誰もが受けるわけではありません。角膜の形状や眼の状態によって可能かどうかを判断しますので、複数の検査を適応検査で行います。もちろん、適応検査を行った結果、レーシック手術に不適応と診断されることもありますので、あらかじめ了承下さい。まず、受付で問診表を記入します。問診表には、名前・住所・連絡先・コンタクトレンズやメガネの使用歴・眼の自覚症状・既往症・薬歴などを記入します。そして適応検査では、視力検査・角膜の厚さを測る検査・角膜のカーブを測る検査・眼底検査・水晶体や網膜の検査などを行います。所用時間はおよそ1時間半~2時間ほどです。適応検査後、点眼薬をさして瞳孔を開きます。散瞳剤が効くまでの間、担当のカウンセラーによってカウンセリングが行われます。カウンセリングでは、レーシック手術についての詳しい説明を行うほか、眼の構造についてや近視・乱視・遠視が治る原理などについての説明もあります。また、手術の疑問や不安な点を質問することも可能ですよ。そして、散瞳後に検査を行い、また専門医によって診察が行われます。

適応検査でレーシック手術が可能と診断された場合、手術となるわけですが、手術前も、適応検査前と同様、コンタクトレンズの使用は制限されますので必ず守って下さい。手術当日は、手術前にも再び検査を行い、適応検査で行ったデータと照合します。そして、可能と判断された場合に限り、眼科専門医によって手術が行われます。レーシック手術の種類にもよりますが、両眼でおよそ10分前後で手術は終了します。手術が午後から行われる場合は、午前中に仕事をしても構いませんよ。ただし、コンタクトレンズの使用制限以外の手術前の注意点ですが、化粧・香水・整髪料などは、レーザーに悪影響を及ぼす原料が含まれている可能性があるため、手術当日は使用を控えて下さい。安全で確実な手術を行うために必要なことですので、必ず守って下さい。来院後にメイクを落とすのではなく、メイクを落とした状態…ノーメイクで来院して下さいね。また、ウール・セーターなどの繊維でつくられている服装や、ヒールの高い靴・ブーツなどの着用は控えて下さい。そして、来院する際は、電車やバスなどの公共交通機関を利用して来院するようにして下さい。手術後すぐは、まだ視力が安定していない状態ですので、車・バイク・自転車の運転は大変危険です。

レーシック手術後は、フラップを安定させるために10分~20分ほど安静にします。その後、フラップがきちんと固定されているかどうかを確認や眼の状態を確認し、問題がないようであれば終了となります。保護用メガネ・処方された薬を受け取って帰宅となるわけですが、手術後は寄り道などせず、まっすぐに帰宅して下さい。手術後に仕事やバイト…というのは以ての外です。また、まぶたに触れないように注意して下さいね。手術当日は、洗顔・洗髪を行うことはできません。ただし、肩よりも下をシャワーで浴びる程度ならば構いません。メイクは翌日から可能ではありますが、アイメイクだけは不可です。アイメイクは、手術後1週間の検診を受け、問題がなければ可能となります。

レーシック手術後にも検診がありますので、必ず来院して下さい。術後検診は、手術翌日・1週間後・3ヵ月後と設けられていますので、必ず検診を受けて下さい。この術後検診は、レーシック手術後10年間までは無料で受けることができます(10年目以降は実費で診察が可能です)

SBC新宿近視クリニックのサービス

SBC新宿近視クリニックでは、様々なサービスを提供しています。多くの医療機関で有料となっている、手術前に必ず行う適応検査も、SBC新宿近視クリニックでは無料で行うことが可能です。れっきとした眼科専門医による個別相談も可能となっていますので、安心して利用することができますし、またどんな些細なことでも親身になって丁寧に教えてくれますので気軽に行うことができます。ただし、予約が必要であるため、SBC新宿近視クリニックのホームページからや電話で予約を行って下さい。また、無料でメールによる相談も受付けていますよ。SBC新宿近視クリニックでのレーシック手術等の内容だけでなく、一般的なレーシックに関する不安や質問も受付けてくれます。このメール相談も、眼科専門医が相談に応じてくれますので、安心して利用して下さい。

SBC新宿近視クリニックでは、実績ある眼科専門医のみが、レーシック手術や診察に携わっています。先ほども挙げたように、眼科専門医だけ…というのは、SBC新宿近視クリニックの大きな魅力です。実は、医師免許さえ取得していれば、眼科についての勉強をしていなくても、眼科として開院することが可能となっているんですね。もちろんそれは眼科に限らず、内科・外科・皮膚科・耳鼻科…など全てがそうなっているのです。これは、医療法の規則となっており、医師免許を有している医師の裁量に任されている状態なので、届出さえきちんとすれば、自由に科目を選択することができるのです。ですから、眼科を開院しているからといって、眼科をしっかり学び、また実績があるかどうか…は別問題なのです。ただ、眼科には、眼科専門医という資格が存在し、医学部を卒業した後、眼科における研修プログラムを5年間受けた後、眼科専門医資格試験に合格すれば、眼科専門医と名乗ることができるんですね。SBC新宿近視クリニックでは、その眼科専門医だけが、レーシックの手術と診察に携わっていますので、安心して任すことができるのです。更に、日本でも10数名ほどしか存在しないという、レーシックの症例経験を6万眼以上持ったレーシックゴッドハンドが、SBC新宿近視クリニックに集結しているんですね。SBC新宿近視クリニックのホームページには、常勤・非常勤も含めて、そんなレーシックゴッドハンドたちが写真付きで紹介されています。それぞれの医師の実績や経歴、レーシック認定医などの資格認定証なども紹介されていますので、信頼できるのではないでしょうか。医師によってはブログを開設している方もいらっしゃるので、そちらもご覧になってみると良いと思います。

また、SBC新宿近視クリニックでは、提携ホテルが存在します。レーシック手術を行うのであれば、名実共に評価の高いSBC新宿近視クリニックで是非お願いしたい!という方も多いかと思いますが、SBC新宿近視クリニックは、新宿・横浜・大阪にしか存在しません。宿泊してでもお願いしたい!という方や、その他の理由でホテルへの宿泊が必要な場合は、この提携ホテルを利用してはいかがでしょうか。提携ホテルは、SBC新宿近視クリニックのホームページ内で紹介されています。なかには、SBC新宿近視クリニックを利用した方のためのお得なプランを用意しているホテルなどもありますよ。

SBC新宿近視クリニックのアフターケア

レーシック手術を取り扱っている医療機関は全国に多く存在しますが、なかには、手術治療後のアフターケアや保障が万全となっていない医療機関も多くあります。手術後も、しばらくは眼が安定しないこともありますし、また副作用などが生じることもありますから、やはりアフターケアや保障はしっかりと行ってほしいですよね。SBC新宿近視クリニックでは、レーシックの手術後も、いつまでも回復した視力で毎日を楽しむことができるよう、数々のアフターケアサービスを用意しています。

SBC新宿近視クリニックのアフターケアには期限はありません。無期限なんですね。ですから、レーシック手術後に、万が一視力が低下してしまった場合でも、再手術無料保障が無期限となっています。また、独自のメール配信システムによって、レーシック治療後の注意事項や情報が定期的に提供されます。更に、専用ホットラインをメール・電話などで利用することができ、どんな些細なことでも専属のカウンセラーが相談に応じてくれますよ。これは、プレミアムアフターケアの内容の1つとして用意されているのですが、他にもプレミアムアフターケアには、安心リラックス麻酔や、術後無料検診期間の延長、目薬や内服薬などが術後1年間は無料処方…となっています。ただし、このプレミアムアフターケアはオプションとなっており、対象となる施術の料金に5万円をプラスすることで利用することが可能です。プレミアムアフターケアを付けることができる施術は、SBC新宿近視クリニックのホームページで紹介されていますので、そちらを確認して下さい。対象外の施術もありますので注意して下さいね。また、プレミアムアフターケアの対象となっている施術でも、保障制度の対象にはならないケースもあります。例えば、レーシックの手術とは関係なく、白内障や緑内障などの病気によって視力が低下した場合や、老化による視力低下、事故・怪我などの外傷による視力低下などは保障制度対象外です。

SBC新宿近視クリニックの様々な制度

SBC新宿近視クリニックには、お友達紹介制度・学生割引制度・職業割引制度・医療従事者割引・被災地応援割引・交通費サポート制度・託児所補助制度などが用意されています。お友達紹介制度は、SBC新宿近視クリニックでレーシックの治療を受けた方(会員登録者)が友達を紹介し、その紹介した方が手術を受けた場合、紹介者に紹介謝礼が支払われます。紹介謝礼は1万5千円の謝礼となるのですが、紹介した方が受ける手術内容によっては、謝礼の対象外になる場合もありますので注意して下さい。また、3人目からは紹介謝礼がアップしますよ。そして、紹介を受けた方にもメリットがあります。紹介を受けた方の場合は、自分が受ける手術に応じて手術費用が割引かれます。3万円割引と1万円割引の2種類があります。ちなみに、会員登録するにあたって発生する費用は一切ありません。入会金・年会費は不要ですし、登録後や退会時にも別途料金が発生することはありませんので安心して下さい。

学生割引制度は、18歳以上で、学生(大学生・短大生・大学院生・専門学校生)の方が対象となっています。授業料・教科書代・通学交通費等、お金が必要な学生には嬉しい制度で、対象となっている施術を受けた場合に限り、各施術の通常価格から3万円が割引かれます。ただし、学生割引制度を利用しての施術は、土曜日以外に手術を受けることができる方に限られますので注意して下さい(年末年始・ゴールデンウィーク・お盆は適用外)また、学生証(顔写真付)を提示することが可能な本人のみが利用することができます。120歳未満の方の場合は、保護者の同意書が必要となります。

職業割引制度は、地震や震災などで日夜、市民の安全のために活躍している消防士・自衛官・警察官のための制度です。現役の消防士・自衛官・警察官の方が対象となっています。この制度の対象となっている施術を受けると、各施術の通常価格から3万円が割引かれます。ただし、土曜日以外に手術を受けることができる方に限られてしますので注意して下さい(年末年始・ゴールデンウィーク・お盆は適用外)また、職業を確認することができる身分証明書を提示することができる方のみ利用することができます。

医療従事者割引は、医師・看護師・薬剤師・医療事務員・介護士・ホームヘルパーの方が対象となっている制度です。この制度の対象となっている施術を受けると、それぞれの施術の通常価格から3万円が割引かれます。ただし、土曜日以外に手術を受けることができる方のみが利用することができますので注意して下さい(年末年始・ゴールデンウィーク・お盆は適用外)また、職業を確認することができる身分証明書を提示することができる方のみ利用することができます。

被災地応援割引は、2011年に起こった東日本大震災の被災地地域に住んでいらっしゃる方が対象となった割引制度です。岩手県・宮城県・福島県に住んでいる方が対象となっており、この制度の対象となっている施術を受けると、各施術の通常価格から5万円が割引かれます。被災地応援割引は、曜日に関係なく施術を受けることができます。また、現在の住所を確認することができる免許証・保険証・住民票などを提示することが可能な方のみ、利用することが可能です。

交通費サポート制度は、対象となっている地域に住んでいる方を対象に、手術を受ける際の往復の交通費が、上限5,000円までサポートしてくれます。対象地域は、関東では東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県、関西では大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県…以外の道県となっています。挙げた都府県以外…ですので注意して下さい。対象地域に住んでいる方で、かつ対象となっている施術を受ける方のみ利用することができます。SBC新宿近視クリニックにて手術を終了し、翌日検査のために来院した際に、交通費が支払われます。ただし、海外や離島に住んでいる方や、適応検査にて不適合と判断された方、交通費の領収書がない方、公共交通機関以外で来院された方、現住所の確認をすることができない方は対象外となりますので、注意して下さい。

託児所補助制度は、小さなお子さんをお持ちの方でも、安心して検査や治療を受けることができるために設けられた制度で、託児所利用の補助をSBC新宿近視クリニックが行っています。SBC新宿近視クリニックにて施術を受けた方であり、かつ託児所の領収書やレシートを持参した方のみが対象となっています。対象者には、施術を受けている間に子供を託児所に預けた場合、適応検査の日に上限5,000円、手術当日に上限5,000円の、最大10,000円の補助を、翌日検診時に返金されますよ。ただ、この託児所補助制度の対象となっている施術を受けていなければ、利用することはできません。また、適応検査だけを受ける方や、適応検査でレーシック治療が不適合と判断された方、再施術の方なども利用することはできません。また、SBC新宿近視クリニックと提携している託児所の一覧が、ホームページで紹介されていますので、そちらもチェックしてみて下さい。提携託児所では、診察券を提示することで、ビジター料金からの割引がありますよ。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。