神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニックは、国内最大規模を誇る、視力矯正クリニックグループです。

レーシック手術クリニック比較ランキング

レーシック手術ができるおすすめクリニックを地域別に比較し、紹介します
東京・大阪・名古屋・福岡を中心に各都道府県別にレーシック手術おすすめ眼科クリニックの情報を掲載

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニックは、国内最大規模を誇る、視力矯正クリニックグループです。多くの芸能人やスポーツ選手などが、この神戸神奈川アイクリニックでレーシック手術を受けたことでも知られていますが、それだけでなく、様々な魅力を持つ医療機関であることでも知られています。神戸神奈川アイクリニックでは、国内の症例数が41万5千症例を超えており、信頼するに値する十分な実績を誇っています。また、神戸神奈川アイクリニックでは、アイレーシックの手術も積極的に行っているのですが、このアイレーシックの症例数も6万4千症例を超えましたし、フェイキックIOL(前房方)の症例数も日本一となっています。スタッフ全員が、不適応だと診断された方を除き、自分自身がレーシック手術の体験があるのも、患者にとっては安心できる材料となるのではないでしょうか。患者としての経験がある医師の存在というのは、患者から見ると親しみもありますし、また患者だからこそわかる不安や心配なども理解してもらえていると思うので、ちょっと身近な存在に感じるのではないかな、と思います。レーシックの手術に対して判らないことや、不安な点も、ほんの些細なことでも相談できそうな気がしますよね。

生涯保障を、現在もまだ継続している唯一のレーシック医院であり、レーシック手術の質が高いだけでなく、アフターケアも充実しています。ホームページや各院で提示されている料金以外は、アフターケアの費用や追加治療代、検査費用などが一切発生しないというのも、判りやすくて良いですよね。神戸神奈川アイクリニックでのレーシック手術の各費用は、他のレーシックを取り扱っている医療機関と比較すると、特別安いというわけではありません。正直なところ、神戸神奈川アイクリニックも安い価格でレーシック手術を提供している医療機関は多く存在します。ですが、神戸神奈川アイクリニックでは、レーシックの手術後にかかる料金は全て無料となっています。生涯保障によって、万が一、再び手術が必要となる場合があっても、その手術費用も無料となります。再手術を行うということは、何かしらの異常があったということですから、再手術は行わない状況であるのが良いに決まっているのですが、それでも絶対にないとは言いきれませんよね。万が一のことを考えると、レーシック手術以外の料金が発生しないのは、大きな魅力だと思います。

そして神戸神奈川アイクリニックは、北海道・新宿・恵比寿・名古屋・梅田・堂島・神戸・福岡の合計8拠点の地域に神戸神奈川アイクリニックが存在しており、いずれでも生涯保障レーシックが可能となっています。また、適応検査・手術後の定期検診を利用することができる神戸神奈川アイクリニックとの提携クリニックは、京都と北九州に存在します。また、神戸神奈川アイクリニックでは随時無料説明会を行っているのですが、この無料説明会も各クリニックなどの会場で行われていますので、興味のある方は、お近くのクリニックで参加してみて下さい。

神戸神奈川アイクリニックは、2011年12月1日に、神戸クリニックと神奈川アイクリニックが統合したことで、神戸神奈川アイクリニックという社名に変更となったのですが、神戸クリニックは2000年に開院して以来、10年間にわたって感染症になった患者はいません。医院内での感染症発生がゼロなんですね。感染症対策が徹底したからこその結果なわけですが、もちろんそれは神戸神奈川アイクリニックにも活かされています。手術室には医療用クリーンルームが設けられていますし、

また、神戸神奈川アイクリニックでは、全ての手術を眼科専門医が執刀することになっていますので、安心感が違います。…というのも、日本では、医師免許さえ取得していれば、きちんと届出さえしていれば、どの科目でも開院できるようになっています。それは眼科だけでなく、内科・外科・整形外科・皮膚科・耳鼻科…と全てに当てはまるのですが、医師免許を有している医師の裁量に任されているんですね。医療法の規則に則ってのことなので違法でも何でもないのですが、しかし患者としては、それではかなりの不安が生じますよね。しかし、眼科専門医というのは、医学部を卒業した後に、眼科における研修プログラムを5年間受けた後、眼科専門医資格試験を受け、見事合格することでやっと名乗れるものなんですね。しっかり、眼科についてのことを学び、知識を持っている医師というわけです。神戸神奈川アイクリニックでは、その眼科専門医のみが、レーシックの手術を行いますので、安心して治療を任せることができます。それに、万が一、手術後に眼に異常が生じた場合でも、安心して相談できますよね。

アイレーシックとは

まず、レーシックというのは、レーザーを角膜に照射することで、屈折力を矯正し、それにより近視・遠視・乱視を治療する眼科手術のことです。これまで視力矯正として必要不可欠だったメガネやコンタクトレンズが不要となり、裸眼で快適に過ごすことができるため、最近特に高い人気を得ています。レーザーを照射する角膜は、眼の一番外側に存在します。光が角膜や水晶体を通過する再に生じる屈折力が、強かったり、または逆に弱かったりすると、眼の奥にある網膜に焦点が結ばれなくなってしまいます。それが近視・遠視・乱視の原因となるんですね。そのため、レーザーを当てることで、角膜の形を変えて屈折力を調整し、網膜に正しい焦点を結ぶように治療するのが、レーシック手術なのです。簡単にレーシックの手順を説明すると、まず点眼麻酔を行って眼を洗浄した後、マイクロケラトームという器具やレーザーを使用して、角膜表面にフラップというフタを作成します。このフタを開いたところにレーザーを照射して、角膜の形を変えるんですね。角膜にレーザーを照射…と聞くと、それだけでとても恐怖心を感じてしまいますが、レーザー自体は実眼では見ることができませんので、手術中に光が眼に飛び込んでくるということはありませんし、また最近はコンピューター制御によってレーザーが正しい位置に修正されますので、かなり安全なのです。それに、レーザーの照射時間はわずか数十秒と短いのも特徴です。その後、角膜の形を修正してフラップを元の位置に戻し、最後に眼を洗浄したら手術終了となります。トータルでレーシック手術は10分程度で完了します。フラップを作成した角膜は自然に接着します。ちなみに、レーシックでは、フラップという角膜を薄く削って作成するわけですが、そのフラップを手動で操作するマイクロケラトームを使う施術をケラトームレーシック、マイクロケラトームに代わってコンピューターで制御されたFSレーザーを使って行う施術をイントラレーシックと呼びます。

そして、アイレーシックですが、アイレーシックは、簡単に説明すると、レーシック手術を、患者一人一人の眼にあわせてカスタマイズした治療方法…といった感じです。レーシック手術は、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正するみたいに、低次収差の矯正することしかできないのと比較すると、アイレーシックは、個人の眼にあわせた視力矯正が可能になりますので、見え方の質もかなり高くなります。当然のことながら、人によって角膜は異なっていますし、見え方も異なります。個人個人のオリジナル矯正ができるのは嬉しいですよね。個人の角膜の状態を正確に計測して、理想的な照射プログラムを作成することができるウェイブスキャン、レーザーを使うことで均一で正確なフラップを安全に作成するイントラレースFS60、角膜に負担のない安全・正確なレーザー照射を行うビジックススターS4 IRの、この3つの技術を統合したレーザー手術がアイレーシックとなります。アイレーシック手術により、同じ視力1.2であっても、より鮮明に見ることが可能となりますし、また従来のレーシックでは問題となっていた、夜に光を見たときの発生するにじみ(ハロー)や、極端なまぶしさ(グレア)もかなり改善することができます。

神戸神奈川アイクリニックで行っているアイレーシックは、最高級のプレミアムアイレーシック(R)を提供しています。同じアイレーシック手術であっても、照射プログラムの違いにより、手術の結果は異なってしまいます。より優れた結果を得るためには、当然信頼できる照射プログラムの作成が求められることになります。そのためには豊富な症例データが必要となるのですが、神戸神奈川アイクリニックでは、アイレーシックの国内最多症例の実績だけでなく、世界最多症例を誇っているオプティカルエクスプレスグループと提携を行うことで、最適な照射プログラムを構築しています。つまり、膨大な症例データを所持しているんですね。それにより、既存する症例データから導き出された照射プログラムを使用して、患者一人一人に合ったアイレーシックを提供することが可能なのです。また、アイレーシック手術を行うことで良い結果を出すためには、執刀医も重要となってきます。神戸神奈川アイクリニックでは、世界最高水準のレーシック技術を提供するため、各国の著名な医師が集うIMAB(国際医療顧問委員会)に日本代表として参加し、医療技術の向上に常に努めています。更に、NASAや米国国防総省がレーシックを承認する際に臨床研究チームの責任者を務めたという屈折矯正手術の世界的権威であるスティーブ・シャルホーン医師が、グローバルチーフメディカルディレクターを務めており、神戸神奈川アイクリニックの医師たちと定期的に連携を取って、アイレーシック技術の向上に努力しているのです。

神戸神奈川アイクリニックでの治療の流れ

神戸神奈川アイクリニックでは、まず相談と予約を行います。神戸神奈川アイクリニックの適性検査は無料で行うことができます。適応検査というのは、レーシック手術を受けることができるかどうか…のその適性を調べるための検査であり、レーシック手術を希望する方は必ず行うものです。ただ、適応検査を行う前でも、電話やインターネットのいずれかで、気軽にレーシックについての疑問・悩み・不安などを気軽に相談することができます。それに、無料説明会も随時開催されていますので、検査を受ける前、そして神戸神奈川アイクリニックでの手術を決定する前に、様々なことを知りたい場合にも利用することができます。この無料説明会には、実際に自身もレーシック手術を受けたスタッフが参加しますので、具体的でリアルな説明を聞くことができますよ。

無料適応検査は予約が必要なので、電話やインターネットで予約を行って下さい。この適応検査の結果を元にして、レーシック手術が可能な不可能かを診断するほか、患者の眼にあった最適な手術の提案が行われます。まずは眼の自覚症状やコンタクトレンズ・メガネの使用歴、既往症、服用薬の有無などについて記入します。その後に行う適応検査では、角膜の屈折力・厚み・形状を確認するために、およそ10種類の詳細な検査を行います。そして、網膜などの眼底検査と、調節力を取り除いた状態の近視・乱視・遠視の度数を測るために、瞳孔を大きく広げる働きのある散瞳剤という目薬を点眼します。屈折度数を測定した後、医師によって、眼底検査・手術詳細の説明・予測される手術後の結果・手術中に起こり得る合併症・手術の適否などが行われます。また、手術前にはカウンセリングも行われるのですが、そのカウンセリングも神戸神奈川アイクリニックでは無料で受けることができます。どんな些細な疑問でも、スタッフが1から丁寧に、そして親身になって対応してくれますので、気軽に質問することができます。適応検査とカウンセリングには、およそ2時間半かかりると見込んで下さい。そして、適応検査を受けるにあたってのコンタクトレンズの使用制限ですが、ソフトコンタクトレンズの場合は適応検査日の3日以上前、ハードコンタクトレンズの場合は2週間以上前から装用を中止して下さい。また、連続装用のコンタクトレンズは、適応検査日の2週間以上前から装用を控えて下さい。

手術は、事前に行った適応検査の結果に応じて、手術方法や手術日程を決定します。医師から、手術当日までに守るべき注意点が提示されますので、それら注意事項を必ず守り、手術に望んで下さい。手術終了後は、まだ角膜の抵抗力が普段よりも弱い状態となっていますし、フラップも安定していませんので、しばらく安静に待機してから、帰宅となります。そして、手術翌日から定期検診を受けることになります。この定期検診では、視力回復状態の確認・創傷治療状態の把握・合併症の早期発見のための大切な検診ですので、必ず来院して定期検診を受けて下さい。

また、手術後の定期検診が終了した後や、定期検診日以外でも、神戸神奈川アイクリニックでは24時間の電話対応が可能ですので、気軽に相談することができます。万が一のことを考えて、万全の体制でアフターケアを行いますので、少しでも眼に違和感があったり、痛みを感じるようであれば、すぐに連絡をして下さい。

神戸神奈川アイクリニックの術式メニュー

神戸神奈川アイクリニックで用意されている視力矯正のための術式メニューには、レーシック・iFSイントラレーシック・エピレーシック/ラセック/RPK・ICL/フェイキックIOL・角膜内リング・老眼治療が用意されています。レーシックは、厚生労働省承認の機器を使った従来のレーシック手術です。低価格でレーシック施術をうけることができます。手術後の視力の回復も早いですよ。手軽にレーシック手術を受けたい方や軽度の近視の方、メガネ・コンタクトレンズと同じような見え方を希望する方にピッタリです。保証期間は1年間で、両眼で税込7万5千円で提供しています。

iFSイントラレーシックは、フラップの作成をレーザーで行うレーシックのことで、唯一の厚生労働省が認可している機器を使用して手術を行います。レーザーを使っての高速フラップ作成により、眼への負担がかなり軽減されますよ。手術後の視力回復も早いです。安全性の高いレーシック手術を受けたい方や、軽度・中等度の近視の方にピッタリです。保証期間は5年会い亜で、両眼で税込み23万5千円で提供しています。

エピレーシック/ラセック/RPKは、角膜が薄いために、iFSイントラレーシックの手術を受けることができない方でも適応することが多い手術です。フラップを作成しない治療であるため、角膜強度を保つことができます。格闘技や激しいスポーツをする方や、近視度数に対して角膜が薄いと診断された方、軽度・中等度の近視の方にピッタリですよ。保証期間は3年間で、両眼で税込み12万円で提供しています。

ICL/フェイキックIOLは、レーシックなどのレーザーを使った手術では治療することが難しいほどの最強度の近視の方や、角膜が薄いと診断された方に行う視力回復の治療です。角膜形状不正の方でも視力を回復することができるほか、より質の高い見え方を実現することができます。強度の近視・遠視・乱視の方や、角膜形状不正などの理由でレーシック手術布適応と判断された方にピッタリです。保証期間は3年間で、ICL/フェイキックIOLの乱視なしでは両眼で税込70万円、乱視ありならば両眼で税込80万円で、それぞれ提供しています。

角膜内リングは、裸眼視力がある程度向上し、進行した円錐角膜を持つ方に対する最先端の治療方法で、高い安全性と矯正効果を誇っています。メガネやソフトコンタクトレンズによる視力矯正が可能となります。保証期間はなく、両目で税込み78万円で提供しています。

老眼治療は、多焦点レンズを使用することで、遠くよりも近くを見ることができるようになる手術です厚生労働省も認めたほどの高い安全性と豊富な実績を誇っており、従来の白内障の治療では実現することができなかった老眼にも対応しています。老眼鏡を使用する頻度を減らしたい方や、白内障と老眼を同時に治療したい方などにピッタリですよ。保証期間はなく、乱視なしの場合ならば両眼で税込80万円、乱視ありの場合ならば両眼で税込90万円で、それぞれ提供しています。

また、神戸神奈川アイクリニックでは、レーザーを使用した視力回復手術には、スタンダードプランとオーダーメイドプランの2種類が用意されています。スタンダードプランは、リーズナブルな価格で手術を受けることができます。オーダーメイドプランは、患者の角膜状態にあわせたオーダーメイドの照射プログラムを使用して手術を行います。0.01D単位という細かい数値で測定・矯正するのですが、スタンダードプランの場合は0.25D単位で矯正しますので、かなり細かい調整が可能ということですよね。近視・乱視・遠視の矯正と共に、角膜のわずかな歪みも補正することができますから、質の高い視界を手に入れることができますよ。それに、夜間にみられる光のにじみ(ハロー)やまぶしさ(グレア)の症状も軽減します。ちなみに、スタンダードプレンは、レーシック・iFSイントラレーシック・エピレーシック/ラセック/RPK・ICL/フェイキックIOL・角膜内リング・老眼治療が対象となっています。オーダーメイドプランは、神戸神奈川アイクリニックの代表的な手術であるプレミアムアイレーシック(R)と、エピレーシック/ラセック/RPKに対応しています。

神戸神奈川アイクリニックでの治療費支払い方法

神戸神奈川アイクリニックでは、レーシック手術などの費用は、現金・銀行振り込み・各種クレジットカード・デビットカード・分割ローンによって支払うことが可能です。分割ローンの場合は、3回~12回払いの場合は、神戸神奈川アイクリニックが分割金利と手数料を負担してくれますので、お得ですよ。13回~60回分割の場合は、別のローンプログラムが用意されていますので、受付で相談してみて下さい。事前に電話で確認してみるのも手早くで良いかもしれませんね。分割ローン(医療ローン)を利用する場合は、現住所の確認をすることができる免許書・保険証・パスポートなどの書類と、引落し口座の届け印、引落しを行う銀行名・支店名・口座番号が記載されている通帳などを持参して下さい。

神戸神奈川アイクリニックのアフターケア

先ほども触れましたが、神戸神奈川アイクリニックでは、手術後の検診と相談を無料で受けることができます。定期検診はもちろんのこと、いつでもどんなときでも、検診・検査・相談の際に料金が発生することはありません。薬代も1年間は無料となっていますが、薬によっては代金が発生する場合もあります。ただ、代金が発生する場合でも数百円程度ですので安心ですよ。花粉症やドライアイなどのケアも無料で行うことができます。ただし、神戸神奈川アイクリニックで対応することができるものであれば、です。合併症以外の眼の治療は、1年間であればケアのための代金は不要ですが、眼薬代は実費となりますので注意して下さい。

また、レーシックなどの手術後、保証期間内であれば、追加矯正や再治療を無料で行うことができます。視力が再び低下してしまった場合や、予定していた視力まで回復しなかった場合、想定外の遠視化が起こってしまった場合などが対象となっています。ただし、他の医療機関で視力矯正手術を受けた方・老化によって視力低下した方・事故や怪我による眼の外傷が原因で視力が低下してしまった方・糖尿病などの全身に重篤な病気を持っている方・白内障や緑内障などの眼の病気を持っている方・妊娠されている方・残存している角膜の厚さ等、詳しい検査による再手術が不適応と判断された方・その他、医師の診断により再手術が困難であると判断された方は、アフターケアサービスの対象外となります。

そして、保証期間内であれば、レーシック手術後の合併症治療も無料で行うことができます。もし、合併症治療が、他の医療機関での治療が適切だと判断された場合は、協力病院への紹介や、無料サポートを行ってくれます(紹介先の医療機関での検診費用は自己負担となりますので、注意して下さい)他にも、神戸神奈川アイクリニックでは、手術後の急に起こった痛みや、眼に違和感を感じた場合などにすぐに対応してもらえる夜間相談窓口サービスが用意されています。23時までのサービスではありますが、ほんの些細なことでも場所が場所だけに不安になっていまいますよね。相談することで適切な対応をしてくれますから、翌日の開院まで不安を抱く必要がありません。また、適応検査や手術後の検診により、眼の病気が発見された場合は、保険診療で治療することが可能となっています(ただし、有料です)合併症以外の病気が発見された場合でも、神戸神奈川アイクリニックでの対応が可能であれば、1年以内に限り無料で治療を行ってもらえますし、神戸神奈川アイクリニックでは対応できない場合でも、提携先医療機関への書王会場を無料で作成してもらえることができます(検診費用は自己負担となります)更に、検診日程が近づいたことを知らせてくれる定期検診事前メール通知サービスや、医療保険の申請に必要な診断書の発行(診断書作成には、一通5,000円の手数料がかかる他、診断書以外の作成には2,000円の手数料が必要です)、メガネ・サングラスレンズの交換優待サービスなども行っています。最後のメガネ・サングラスレンズ交換優待サービスというのは、愛用しているメガネやサングラスのレンズを交換することができるサービスで、特別優待価格で提供してもらえるというものです。レンズ交換後は、手術後の保護用メガネに使用することもできますし、UV加工付レンズにも対応しています。レンズは、無色透明や色つきタイプなどから選ぶことができますよ。

神戸神奈川アイクリニックのお得なサービス

神戸神奈川アイクリニックでは、利用者がお得になる様々なサービスを提供しています。例えば、割引サービス。神戸神奈川アイクリニックの割引サービスは、レーシックなどの手術当日までに、現金で一括払いを行った場合や、手術の3日前までの神戸神奈川アイクリニック指定の口座に全額を振り込んだ場合に限り、3,000円の割引が適用されます。ただし、この割引サービスは、手術などの合計費用が10万円を超える場合のみに適応されますので注意して下さい。つまり、スタンダードレーシックは治療費用が10万円に満たないので、適応外ということになります。

また、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県・京都府・兵庫県・大阪府・奈良県以外に住んでいる方が、神戸神奈川アイクリニックの各院を利用した場合、遠方交通費補助制度として1万円が手術費用から割引かれるサービスも用意されています(片眼のみの施術である場合は、5,000円の割引)ただし、最初の手術時のみが対象となっています。既に手術の予約をしている方でも、対象の地域に住んでいる方であれば、割引の対象になりますよ。しかし、手術料金を支払った後では申請しても対象外となりますので注意して下さい。その際、現住所証明になるような、パスポートや運転免許書など、本人と住所を同時に確認することができる書類を持参して下さい。

そして、神戸神奈川アイクリニックでは、忙しい方にもレーシック手術を受けることができるよう、1Dayレーシックというサービスを用意しています。これは、通常であれば、手術前に行う適応検査と手術、そして翌日の検診…と最低でも3日間は必要となるのですが、1Dayレーシックを利用すれば、2日間で行うことができる…というものです。つまり、適応検査と手術を1日で行い、翌日に検診を行う…というわけですね。これは土日にも利用することが可能なので、会社の休みの週末を利用して行うことができます。仕事が忙しくて休みを取ることができない方や、遠方に住んでいるため何度も足を運ぶことができない方などにはピッタリですよ。この1Dayレーシックは、通常の各手術料金に2万円をプラスすることで受けることができます。ただ、プレミアムアイレーシック(R)とiFSイントラレーシックの2つの術式のみの診療が対象となっていますので、それ以外での術式では受けることができません。注意して下さい。

神戸神奈川アイクリニックの一般眼科保険診療

神戸神奈川アイクリニックでは、レーシックなどの矯正治療や視力回復手術に限らず、一般眼科保険診療も含めた幅広い医療サービスを提供しています。一般眼科保険診療も、土日祝日行っていますので、眼の健康に不安のある方などは、神戸神奈川アイクリニックを利用してみて下さい。神戸神奈川アイクリニックでの一般保険診療の主な項目には、角膜疾患・花粉症・アレルギー性結膜炎・ドライアイ・屈折異常(近視・遠視・乱視)・老眼・眼精疲労・ものもらい・糖尿病網膜症などがあり、様々な眼科疾患に対応しています。この一般眼科保険診療は、各地にある神戸神奈川アイクリニック全てで可能なわけではありません。北海道・札幌院、東京都の新宿院と恵比寿院、そして大阪府の梅田院のみで、一般眼科保険診療が可能となっています。それ以外では受付けていませんので注意して下さい。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。